誰でもカンタンにできる!楽天Edyの始め方

s-edyi1電子マネーの代表、楽天Edyを始めてみようと思ったら、方法は4つあります。

・Edyカードを購入する
・Edy機能付きのクレジットカードを持つ
・カード以外のEdyチップ内蔵製品を購入する
・携帯電話やスマートフォンで楽天Edyアプリを使う

スポンサーリンク

Edyカードを購入する

Edyカードは楽天Edyの公式カードなら100円、キャラものは500円ぐらいです。サークルKサンクスでも購入可能ですが、楽天で購入する方法がおすすめです。

Edyカードを手に入れたら、コンビニなどEdy加盟店で現金チャージ(最大50,000円まで)やクレジットカードからチャージすることで使えるようになります。

Edy機能付きのクレジットカードを持つ

クレジットカードをよく利用する人なら、Edy機能がついたクレジットカードにすれば新たにEdyカードを持ち歩く必要がなくなります。 Edy機能付きクレジットカードには、次のようなものがあります。

・ANA JCBカード
・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA VISA/マスターカード
・楽天カード
・ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード

カード以外のEdyチップ内蔵製品を購入する

最近ではEdyチップを内蔵した、様々な形の製品が販売されています。通常のカードと同じように利用することができます。

リストバンド型

ジョギングや散歩の時に身につけるリストバンド型のEdyです。Edyチップが取り外せるタイプと取り外せないタイプがあります。

腕時計型

腕時計とEdyチップが一体となった製品です。

ストラップ型

スマートフォンなどに付けるストラップ型のEdyです。重さ10グラムなので、アクセサリー気分で首から下げても軽くて邪魔になりません。

携帯電話やスマートフォンで楽天Edyアプリを使う

おサイフケータイ機能の付いた携帯電話やスマートフォンでは、”楽天Edyアプリ”が利用できます。
クレジットカード情報を登録すればオートチャージも可能です。

楽天Edyアプリは好きなポイントサービスを登録可能

楽天Edyアプリは好きなポイントサービスを1つ登録することができ、Edyを利用ごとにポイントを貯められます。選べるポイントには次のような種類があります。

・楽天スーパーポイント
・ANAマイル
・Ponta
・GREEコイン
・au WALLETポイント
・Tポイント
・ヨドバシゴールドポイント
・ヤマダポイント
・ビックポイント
・エディオンポイント
・エポスポイント
・ベルメゾンポイント
・NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード
・マツモトキヨシ ポイント

実に14種類のポイントから選択できます!

スマートフォンでEdyを利用する方法は・・・

Android(アンドロイド)端末でEdyを利用

emonandroid1現在販売されているスマートフォンの中で、おサイフケータイ機能のついたAndroid端末(Felica内蔵のスマートフォン)なら、モバイルアプリのEdyを利用することができます。

コンビニなどで現金によるチャージまたはクレジットカードによるチャージができます。また銀行口座によるチャージも可能です。

→Edy公式サイト「おサイフケータイにチャージする」

さらには、オートチャージの登録をしておくことで残高を気にすることなく利用することができるようになります。オートチャージは、次の3種類の方法が選べます。

・クレジットカード
・楽天会員ID
・銀行口座振替

→Edy公式サイト「おサイフケータイにオートチャージを設定する」

iPhoneアイフォンでEdyを利用

emoniphone1iPhoneアイフォン+アプリ+Edyカード+パソリ(RC-S390)
の方法になります。

iPhoneアイフォンにアプリをダウンロードして、そのアプリとパソリ(RC-S390)を使うことによってEdyカードにチャージできたり、残高照会できるようになるということ。(チャージにはクレジットカードも必要)
実際「シャリ~ン♪」と支払う時は、Edyカードを読み取り機にかざすことになります。

つまり、iPhoneアイフォン単体ではEdyは利用できません!

creditc-edy

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク