電子マネー7種類の比較

電子マネーの代表的なものには、Suica、nanaco、WAON、楽天Edy、PASMO、iD、QUICPayといったものがあります。

また、チャージの方式によって、プリペイド式、ポストペイ式という分類もできます。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

そこで、この記事では、5種類のプリペイド式電子マネーと2種類のポストペイ式電子マネーについて比較してみました。

スポンサーリンク

プリペイド式・ポストペイ式 電子マネーの比較

プリペイド式

◎メリット
・かんたんで早い!サインも暗証番号も必要なし!
・ポイントの2重、3重取りも可能!

●デメリット
・残高がいくらかすぐにわからない→チャージする必要がある(オートチャージ機能利用時以外)
・紛失、盗難時は原則自己責任

プリペイド式電子マネーの主だったものを比較します。

  s-edyi1 s-nanacoi1 s-waoni1 s-suicai1 s-pasmoi1
名称 楽天Edy nanaco WAON  Suica  PASMO
発行元  楽天Edy セブンカードサービス イオンリテール JR東日本 パスモ
チャージの上限金額 5万円 5万円 5万円 2万円 2万円
最低チャージ金額 1000円 1000円 1000円 500円(自動券売機の場合) 1000円
チャージ方法 現金
クレジットカード
銀行口座
現金
クレジットカード
現金
クレジットカード
イオン銀行
現金
クレジットカード
銀行口座
キャリア決済
現金
クレジットカード(オートチャージのみ)
オートチャージ機能 あり なし あり あり あり
モバイル あり あり あり あり なし
主な使えるお店 コンビニ
マツキヨ
ヨドバシカメラ
ANA
セブンイレブン
イトーヨ-カドー
デニーズ
イオンなど全国のイオングループ コンビニ(相互利用含む)・イオン・イトーヨ-カドー 私鉄・地下鉄駅ナカ
Suica加盟店で利用可
ポイント付与 通常
200円=1p
店舗によりさらにUP
通常
100円=1p
キャンペーンでさらにUP
通常
200円=1p
キャンペーンでさらにUP
Suicaポイント加盟店で通常
100円/200円=1p
各PASMO取扱い業者によるポイントサービス毎

ポストペイ式

◎メリット
・かんたんで早い!サインも暗証番号も必要なし!
・チャージが不要!
・紛失、盗難時、補償適用あり

◎デメリット
・クレジットカードのポイント付与のみでお得感が少ない

ポストペイ式電子マネーの主だったものを比較します。

  s-idi1 s-quicpayi1
名称 iD QUICPay 
主な運営  NTTドコモ(システム) JCB
入金上限金額 クレジットカード与信内 1回の上限:2万円
モバイル あり あり
主な使えるお店 コンビニ
イオン
ヨドバシカメラ
コンビニ
イオン
ポイント付与 クレジットカードのポイント付与 クレジットカードのポイント付与

プリペイド式・ポストペイ式、どちらも支払はかんたんで早い!
自分に合う電子マネーを探しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク