iPhone7/7Plusのおサイフケータイ化にはApple Payとこれ!nanaco残高も見える『nocoly Air』登場

日本人が切望し続けたiPhoneのおサイフケータイ化が、2016年9月に発売されたiPhone7/7Plusから実現しました。NFC-TypeFの搭載でモバイルSuicaが使えるようになったiPhone7は、2016年10月にスタートしたApple payサービスと併せて、QUICPay・iDも使えるキャッシュレスなスマホに大変身。iPhone7単体で決済ができる時代が到来しました。うれしいことですね。

ちなみにApple Payサービスは、Suica以外の交通系電子マネーや楽天Edy・nanacoには対応していません。Android機のおサイフケータイに比べると力不足なのは否めません。

でもそんな”おサイフiPhone”を少しだけおサイフケータイに近づけることのできるケースが登場しました。

スポンサーリンク

ICカードの残高が表示できるiPhone用ケースが登場

コバン株式会社ブライトンネット株式会社がタッグを組んで商品化したのは『nocoly Air(ノコリー エアー)』という名のiPhone7/7Plus用のケース。このケースはカードリーダー機能と液晶表示画面を備えており、ICカードの残高表示ができるという優れモノ。対応しているICカードはSuica、PASMO、ICOCA、Kitaca、 manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCAと、nanacoです。

→『nocoly Air』メーカーサイト

製品には「nocoly Air for iPhone 7(BP_NOAIR7)」と「nocoly Air for iPhone 7 Plus(BP_NOAIR7P)」があり、それぞれブラック、レッド、ゴールドの3色があります。

メーカー発表によれば、iPhone7用はiPhone6s, iPhone6でも使え、iPhone7 Plus用はiPhone6s Plus, iPhone6 Plusでも使えるとのことです。

防磁シートが付いているので、ケースにカードを入れたまま改札を通ることができ、Apple Payの利用もOK。完全なおサイフiPhone化が可能です。

nanacoならポイント残高の表示も可能

ICカードの残高はボタン一つで液晶画面に表示されます。nanacoカードでは電子マネーの残高ばかりでなく、nanacoポイントの残高表示も可能。残高表示の10秒後には自動で電源が切れるエコ設計になっているので電池の節約になり、安心です。

iPhone7単体での守備範囲が大きく拡大

Apple Payに未対応のnanacoですが、この『nocoly Air』を装着すればiPhoneであってもnanacoの扱いに困ることはありません。

また、交通系電子マネーもiPhone7が対応しているのは現段階ではSuicaだけ。その他の交通系ICカードを利用するためには『nocoly Air』に頼らざるを得ません。

せっかくおサイフケータイ化を果たしたiPhone7ですから、極限まで”おサイフiPhoneとして活躍してもらうためにも、『nocoly Air』の存在は重要なのです。


今後iPhone7が楽天Edyやnanacoに対応するかどうかは不明です。正式に対応するまでは”なんちゃっておサイフケータイ”の域を出ない”おサイフiPhone”ですが、少しでも便利に使えるように工夫していけるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク