基本をおさえておこう 「プリペイド式電子マネー」と「ポストペイ式電子マネー」の2種類の違い

現金を持たなくてもカードで買い物ができる便利なシステム、電子マネー。その種類はいろいろですが、方式は大別すると2通りに分けられます。それは「プリペイド式」と「ポストペイ式」です。

電子マネーを上手に使うには、基本的なことを抑えておくのも大事。2つの方式の違いについて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

プリペイド(先払い)式電子マネー

一般に「電子マネー」と呼ばれるものの多くは、この「プリペイド式」に該当します。「プリ(先に)」「ペイド(支払い済み)」なので、原則として先に一定の金額をカードへチャージしてからでなければ使えません。

プリペイド式に分類される電子マネーには次のようなものがあります。

・楽天Edy
・Suica(東日本旅客鉄道株式会社)
・nanaco(株式会社セブン・カードサービス)
・WAON(イオン銀行株式会社)
・Kitaca(北海道旅客鉄道株式会社)
・PASMO(株式会社パスモ)
・TOICA(東海旅客鉄道株式会社)
・manaca(株式会社名古屋交通開発機構)
・ICOCA(西日本旅客鉄道株式会社)
・SUGOCA(九州旅客鉄道株式会社)
・nimoca(株式会社ニモカ)
・めじろんnimoca(大分ICカード開発株式会社)
・はやかけん(福岡市交通局)
・SAPICA(札幌総合情報センター)
・IruCa(高松琴平電気鉄道株式会社)
・au WALLET(KDDI)

ポストペイ(後払い)式電子マネー

「ポスト(後で)」「ペイ(支払う)」の名の通り、信用売りなので代金は後から支払います。事前にチャージをする必要ないので便利ですが、クレジットカードと併せて利用するものが多いため、利用の際には審査もしくは他の契約を必要とするものがほとんどです。

・PiTaPa (スルッとKANSAI)
・iD (NTTドコモ)
・QUICPay (ジェーシービー)
・Smartplus (三菱UFJニコス)
・Visa Touch (Visa)
・PayPass (MasterCard)

それぞれの長所・短所

プリペイド式とポストペイ式には、それぞれに長所・短所があります。

プリペイド式

・クレジットカードとの連携をしないで利用する場合は事前チャージが必要なため、常に残高を気にしながら利用しなければならない煩わしさがあります。その反面、遣い過ぎを防ぐことができます。

・無記名タイプの場合、紛失したり盗難に遭ったときの補償はなく、原則として自己責任となります。しかし、万が一悪用されても、残金以上の被害はありません。

・利用限度額が低く設定されているものが多いことはある意味安心ですが、高額な買い物には不向きです。

・他のポイントとの連携は、それぞれに対して自分で設定をしなければ連携しません。

・取得の際に審査等がないので、誰でもカードを持つことができます。

ポストペイ式

・チャージが不要なので、利用の際に残高を気に掛ける必要がありません。ただ、自分で気を付けていないと遣い過ぎてしまうことも・・・。

・紛失したり盗難に遭った場合の保険適用があります。

・プリペイド型と比較すると利用限度額が高く設定されており、高額な買い物にも使えます。

・クレジットカード等と連携しているため、特に設定することなく、クレジットポイントなどが自動的に付きます。

・審査に通る必要があるため、誰でもカードを取得できるとは限りません。


「プリペイド式」も「ポストペイ式」も、それぞれの短所を埋める手立てを講じてきているので、両者の差は徐々に埋まりつつあるのが現状です。

使う人の用途や目的によってメリット・デメリットになる点は異なりますので、違いをよく理解した上で、自分に合った使い方で安心・安全に使える電子マネーを選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク