QUICPayとQUICPay+の違いは何?比較検証

QUICPayとQUICPay+の違いは何?比較検証

 

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)という電子マネーがあります。

もともとQUICPay(クイックペイ)があり、2016年8月からQUICPay+(クイックペイプラス)が登場しました。

QUICPay(クイックペイ)は使い慣れていても、QUICPay+(クイックペイプラス)については今一つピンとこない方もいらっしゃると思います。

そこで、QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)の違いについて、比較してみました。

スポンサーリンク

QUICPay(クイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)の比較

QUICPayとQUICPay+の大きな違いは、1回あたりの利用金額の上限でしょう。

QUICPay:2万円まで
QUICPay+:2万円以上の利用も可能

また、支払い方法を何に紐付けることができるかに違いがあります。

QUICPay:クレジットカードに紐付けることのみ可能
QUICPay+:クレジットカードのほか、デビットカード・プリペイドカードへの紐付けが可能
  QUICPay QUICPay+
1回あたりの利用金額上限 2万円まで 2万円以上の利用も可能
支払い方法 クレジットカード クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード
種類 カード、モバイル、キーホルダー モバイル

そもそもQUICPay+(クイックペイプラス)とは何?

公式サイトによると

QUICPay+は今までのQUICPayをより便利に使いやすくした、新たなサービスです。高額のお買い物や、クレジットカードに加えてデビットカード・プリペイドカードでも利用できます。(※デビットカードは今後対応予定です。)

ということです。

QUICPay+で出来ることは

①かざすだけでカンタン支払い

お店の端末にスマートフォンなどをかざすだけで支払い完了。サインも不要です。(モバイル端末上で本人確認が必要な場合があり)

②ポイントやマイルがたまる

QUICPay+の支払いでポイント、マイルがたまります。(QUICPay+の支払いに指定しているカードによって貯まり方は異なる)

③高額のお買い物もできる

高額の買い物が可能。(利用上限金額は、支払いに指定しているカード・利用の店舗によって異なる。2万円以上の利用はQUICPay+対応加盟店のみ)

④さまざまな支払いに対応

支払いの紐付は、クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードが利用可能。(デビットカードは今後対応予定)

QUICPayとの違いは③④になりますね。

QUICPay+(クイックペイプラス)対応加盟店は?

QUICPay+対応加盟店では2万円以上の利用が可能です。

デビットカード・プリペイドカードでQUICPay+を利用している場合は、QUICPay+対応加盟店でのみ利用でき、クレジットカードでQUICPay+を利用している場合は、すべてのQUICPay加盟店で利用できます。

→(公式サイト)QUICPay+対応加盟店

公式サイトで確認する場合は、マークによって判断できます。

かなりの店舗で対応加盟店になっています。

コンビニで2万円以上利用することは少ないと思いますが、家電量販店では利用できれば便利ですね。

※その他の店舗、最新情報は公式サイトでご確認ください。

→(公式サイト)QUICPay+対応加盟店

QUICPay(クイックペイ)しか持っていなかったら支払いは?

QUICPay+加盟店が増えてきていますが、そもそもQUICPayしか持っていなかったら、支払いはどうすればよいのでしょうか?

QUICPay+のマークしかない店舗だったら

→QUICPayは利用できます!

QUICPayのマークしかない店舗だったら

→QUICPay+は利用できます!(ただし1回の利用金額上限は2万円)

つまり、QUICPayしか持っていない、QUICPay+しか持っていない、どちらの場合もQUICPayマークのみ・QUICPay+マークのみであっても上限2万円までなら利用できるということです。(クレジットカードに紐付の場合)

あまり気にしなくてよいということですね。

実はApple Payアップルペイ(iPhone)のQUICPay(クイックペイ)はQUICPay+(クイックペイプラス)だった

Apple Payアップルペイ(iPhone)では、登録するクレジットカードによってはQUICPayが利用できます。

と思いがちですが、実はQUICPay+が搭載されています!

いろんな画像をみてQUICPayと思い込みがちですが、実はQUICPay+が搭載されているということだそうです。

まとめ

Apple Payアップルペイ(iPhone)でQUICPayを利用している場合、実はQUICPay+を利用していたりと、知らない間にQUICPay+は身近なものとなっています。

QUICPayのデメリットを改善したと言えるのが、QUICPay+。

QUICPayとQUICPay+の大きな違いは、1回あたりの利用金額上限と、支払い方法として紐付けできるカードです。

しかし実際に利用する場合は、クレジットカードを紐づけておくと、あまり意識せずに利用できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク