JRE POINT、Suicaポイント、ビューサンクスポイントとえきねっとポイントの違いは?

2017年12月5日より、SuicaポイントがJRE POINTへ共通化されました。

これまで「Suicaポイント」として貯まっていたポイントが、「JRE POINT」として貯まります。

Suicaをよく使う人におすすめのクレジットカードはビューカードですが、ビューカードを利用すると貯まるビューサンクスポイント。(利用するクレジットカード、利用店舗によってはその他のポイント、例えばビックポイントなども貯まります。)

Suicaポイント→JRE POINTとなりましたが、ビューサンクスポイント、えきねっとポイントとの関係はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

JRE POINTってなに?

JRE POINTとは、JR東日本が運営する共通ポイントサービスです。

まず、それまで個別だったアトレやグランデュオ、テルミナなどのポイントがJRE POINTに共通化されました。

2017年12月5日にはSuicaポイントがJRE POINTへ共通化され、登録したSuicaでもポイントが貯まるようになりました。

上記のマークのお店でJRE POINTカードを提示すると、100円(税抜)ごとに1ポイント貯まります。

→(公式サイト)JRE POINTカードの提示でJRE POINTが貯まるお店

上記のマークのお店で登録したSuicaを利用すると、100円or200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。※JRE POINTカードを提示しても、ポイントは貯まりません。

→(公式サイト)登録したSuicaの利用でJRE POINTが貯まるお店(エキナカ)

→(公式サイト)登録したSuicaの利用でJRE POINTが貯まるお店(街ナカ)

2017年12月5日~ JRE POINT (×Suicaポイント) となっています。

JRE POINTカードは必要か

SuicaポイントがJRE POINTに共通化されたので、JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録しようとした時に、果たしてJRE POINTカードは必要なのでしょうか?

→ JRE POINTカードがなくてもSuicaを登録することはできます。

公式サイトに以下のようなQAが載っています。

Q:
JRE POINTカードを持っていなくても、Suicaを登録するだけでポイントは貯まりますか?
A:
JRE POINTカードをお持ちでなくても、Suicaをご登録いただければ、「Suica登録して貯まる」マークのあるJRE POINT加盟店で登録したSuicaをご利用いただくと、JRE POINTを貯めることができます。
なお、JRE POINTカードをお作りいただき、Webでお手続きいただくことで、「駅ビル等で貯まるJRE POINT」と「登録したSuicaのご利用で貯まるJRE POINT」(現Suicaポイント)をひとつにまとめて、合算してご利用いただけるようになります。
登録はできますが、JRE POINTカードを持っていたほうが、よりお得にポイントを貯められるということですね。

Suicaポイントってなに?

※※※2017年12月5日より、SuicaポイントはJRE POINTへ共通化されました!※※※

Suicaポイントとは、Suicaポイント加盟店でSuicaポイントクラブに登録したSuicaを利用した場合に貰えるポイントです。

suicapc

2019年3月でサービスは終了予定です。

移行期間(2018年11月まで)にJRE POINT サイトでの移行手続きを行うことがおすすめです。

ビューサンクスポイントってなに?

ビューカードの利用で貯まるポイントがビューサンクスポイントになります。

【ビューカード一覧】
「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」リボカード
ビューゴールドプラスカード
大人の休日倶楽部ジパングカード
大人の休日倶楽部ミドルカード
ルミネカード
JALカードSuica
ビックカメラSuicaカード
アトレビューSuicaカード
エスパルカード フェザンカード
ペリエビューカード
weビュー・スイカカード
ジェクサービュー・スイカカード

ビューサンクスポイントは2018年度中にJRE POINTに統合予定と発表されています。

えきねっとポイントってなに?

えきねっとポイントとは、えきねっと(全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷ、びゅう国内ツアー商品の申込み、東日本エリアの現地観光プラン、鉄道グッズなどのショッピングなどでポイントがたまるサービス)を利用したときに貰えるポイントです。

ekinet

→えきねっと(公式サイト)

①えきねっとに登録します(無料)。
②えきねっとからサービスを利用するとえきねっとポイントが貯まります。
②貯まったポイントはビューサンクスポイント、Suicaポイント、びゅう商品券などに交換できます。

つまり、えきねっとへ会員登録してあれば、例えば、
・えきねっとから新幹線の申込みをして、駅の指定席券売機等で受け取り(10~30ポイント=25円~75円相当・えきねっとポイント)※自由席券・乗車券はポイント付与対象外
・ビックカメラSuicaカードで支払い(1.5%還元・ビューサンクスポイント)

2重取りができます。

※クレジットカードはビューカード以外でもOKです。

viewpekinetp1

列車をよく使う人ならえきねっとへ登録して損はありません。

※えきねっとポイントは、今のところJRE POINTへの統合予定はないようです。

まとめ

JR東日本、特にSuicaを利用している場合、JRE POINTや、Suicaポイント、ビューサンクスポイント、えきねっとポイントとポイントがいろいろあって、その関係がよくわからなくなります。

しかし2017年12月5日からは、JRE POINTとSuicaポイントが共通化されました。

今後、2018年度中にはビューサンクスポイントも統合される予定です。

今のところ、えきねっとポイントの統合は発表されていませんが、JR東日本のポイント=JRE POINTとわかりやすくなりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク