【Apple Pay】WalletアプリとSuicaアプリの違いを比較

iPhoneでApple Payを始めようとして調べている時や、使い始めてから、WalletアプリとSuicaアプリの違いがよくわからなくなりませんか。

Walletアプリだけで出来そうに書かれているサイトがあったり、Suicaアプリをインストールする前提で書かれているサイトもあったり・・・

使えればいいや、という考え方もありますが、WalletアプリとSuicaアプリの違いを知っていて損をすることはありません。

実は今まで知らなかったお得な使い方もできるかもしれません。

この記事では、WalletアプリとSuicaアプリの違いについて、比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

WalletアプリとSuicaアプリの違いは?

iPhone(Apple Pay)でSuicaを利用する時のアプリには、WalletアプリとSuicaアプリがありますが、まずそれぞれのアプリで出来るSuicaサービスについて確認します。

Walletアプリで出来るSuicaのサービス

iPhone7からFeliCa対応のNFCが搭載され、Apple PayでSuicaサービスが使えるようになりました。

Apple PayでSuicaを利用する時に使うアプリは、標準で搭載されているWalletアプリです。

【Walletアプリで可能なSuicaサービス】

  • 既存のSuicaカードをApple Payへ登録する (Suica (無記名式)、My Suica (記名式)、 Suica 定期券のプラスチックカード)
  • 交通機関・お店でSuicaを使う (Suica を使えるところや、相互利用可能な交通系 IC カードに対応しているところ)
  • Suica のエクスプレスカードを変更する (複数枚のSuicaを登録した場合)
  • Suica の残高を確認する
  • Suicaにチャージする (Apple Pay に対応しているクレジットカードまたはプリペイドカードでApple Pay に登録要)
  • コンビニなどの対応店舗・チャージ対応の券売機での現金チャージ
  • Apple PayのSuicaで既に利用している定期券の継続購入 (Apple Payに設定したクレジットカードでの決済)

Suicaアプリで出来るSuicaサービス(Walletアプリで出来ない)

Suicaアプリで会員登録すると、Walletアプリではできない以下のことが可能になります。

【Walletアプリでは出来ない、Suicaアプリで可能なサービス】

  • 無記名Suicaを新規に発行
  • MySuica(記名式)、Suica定期券の購入
  • Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券の購入・利用
  • オートチャージを利用 (Suicaアプリへのビューカードの登録が必要)
  • VISAブランドなどApple Pay に対応していないクレジットカードからのチャージ
  • Suicaを払い戻す
  • ビューカードのサンクスポイント→Suicaへのチャージ

取り込みできるSuicaカードがなくても、デポジット500円不要で、Apple PayでSuicaが利用できるということになります。

しかも、従来のモバイルSuicaでは、ビューカード以外のクレジットカードを登録する場合は年会費1030円(税込)が必要ですが、Suicaアプリを利用する場合は年会費無料です!

おサイフケータイの上をいくお得感です。

WalletアプリとSuicaアプリの比較

WalletアプリとSuicaアプリ、それぞれで出来ることを表にして比較してみました。

  Walletアプリ Suicaアプリ
現金チャージ ×
Suica のエクスプレスカードを変更 ×
交通機関・お店での利用 ×
Suica の残高確認
既存のSuicaカードの取込
Apple PayのSuicaで既に利用している定期券の継続購入
Suicaにクレジットカードでチャージ 
無記名Suicaの新規発行 ×
MySuica(記名式)、Suica定期券の購入 ×
Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券の購入・利用 ×
オートチャージ ×
Suicaの払い戻し  ×
ビューカードのサンクスポイント→Suicaへのチャージ  ×

WalletアプリだけでSuicaを利用できるか?

「WalletアプリだけでSuicaを利用できるか?Suicaアプリをインストールしなくても大丈夫か?」

→答えは「YES」です。

ただし条件があります。

①取り込めるSuicaカード(プラスチックのもの)を持っていること。

②チャージは現金チャージか、クレジットチャージの場合Apple Payで利用できるクレジットカードを持っていること。(VISAカードは利用できません)

あとは、オートチャージは利用しない、Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券はApple Payでは利用しない、などの条件があります。

普通に手持ちのSuicaカードを取り込んで、あとは必要に応じてチャージするという使い方であれば、わざわざSuicaアプリをインストールしなくても、iPhoneでSuicaは使えます。

お得に使いたいならSuicaアプリは必須

WalletアプリだけでもiPhoneでSuicaは利用できます。

しかし、お得に、便利に利用したいなら、Suicaアプリはぜひインストールしましょう。

お得な理由①

VISAカードなど、Walletアプリでは利用できないクレジットカードが登録できます!

例えばLINE Payカード。2%の高還元率カードです。しかもプリペイドカードなので、クレジットカードを持っていない人でも登録できます。

VISAブランドのクレジットカードを登録したい場合も、Suicaアプリからなら登録できます。自分がよく使うクレジットカードがWalletアプリから登録できないものでも、Suicaアプリなら利用できる場合があります。

お得な理由②

取込可能なSuicaカードを持っていなくても、新規発行できます。

おサイフケータイのモバイルSuicaは、ビューカードを除いて年会費が1030円かかります。でもSuicaアプリから新規に発行したSuicaは年会費が無料です!

これで、手持ちのクレジットカードで年会費無料でモバイルSuicaが利用できるようになりました!

便利な理由

オートチャージ機能は便利なので、使いたい人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、Suicaアプリを登録し、手持ちのビューカードを登録しておけば、オートチャージ機能が利用できるようになります。

ただし、オートチャージを設定するにはビューカードが必要です。

まとめ

iPhoneでApple Payを使う場合、WalletアプリとSuicaアプリを利用することが多いと思います。

もちろん、標準で搭載されているWalletアプリだけで利用できる場合もありますが、お得に使いたいならSuicaアプリのインストールは必須!

取り込めるSuicaカードを持っていなくてもSuicaを新規発行できて、しかも年会費無料。

クレジットカードを持っていなくても、LINE Payカードがあれば2%還元率も可能!

せっかくiPhoneでSuicaが利用できる環境なら、お得に使わないと損ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク