「エポス ゴールド カード」Suica・Edyのチャージ・Apple Payにおすすめ!

Apple Pay(アップルペイ)もGoogle Pay(グーグルペイ)も、簡単に言えば電子マネーのおまとめアプリです。

つまり、Apple Pay(アップルペイ)を使うにしろ、Google Pay(グーグルペイ)を使うにしろ、電子マネーとクレジットカードの相性を、知っていると知らないじゃ大違い!

知らない間に損をしているかもしれません。

モバイルSuica派・Edy派なら「エポス ゴールド カード」は要チェックです。

ちなみにApple Pay(アップルペイ)でも利用できますよ。

スポンサーリンク

 


「エポス ゴールド カード」で電子マネーへチャージ

モバイルSuica、Edyへのチャージでポイントが付与されます。

楽天Edy チャージ可(ポイント付与あり)
nanaco
WAON
Suica・モバイルSuica Apple Pay(iPhone):チャージ可(ポイント付与あり)
Google Pay(Android):チャージ可(ポイント付与あり)
モバイルSuica(Android):チャージ可(ポイント付与あり)
PASMO
iD
QUICPay(クイックペイ) Apple Payで利用可(ポイント付与あり)

モバイルSuica(Android)は、ビューカード以外は年会費1030円(税込)
※2020年2月26日(予定)以降はクレジットカードにかかわらず無料

Apple Pay(アップルペイ)

「エポス ゴールド カード」はApple Payに登録すると、QUICPay(QUICPay+)として利用できます。

※Apple Payの利用にはiPhone7以上の端末が必要

また、iPhone版モバイルSuicaも利用可能です。(年会費無料)

ただし、VISAブランドのクレジットカードは、Wallet経由ではモバイルSuicaに直接チャージできません。

Wallet経由では無理ですが、iPhone版モバイルSuicaアプリを経由してのチャージなら可能です。

「エポス ゴールド カード」はVISAブランドなので、iPhone版モバイルSuicaへのチャージはモバイルSuicaアプリになります。

Google Pay(グーグルペイ)

「エポス ゴールド カード」はGoogle Payに登録することはできますが、QUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。

Google Pay版モバイルSuicaへのチャージに利用できます。しかも年会費無料でモバイルSuicaが利用できます。

「エポス ゴールド カード」がおすすめな理由がある!

通常、クレジットカードを検討するときに気になるところは、年会費、還元率、旅行保険、セキュリティ機能、お得な特典は何があるか?といったところになると思うので、順番に確認していきます。

年会費

入会方法によって4パターンあります。

インビテーション・・・永年無料
プラチナ・ゴールド会員の家族から紹介・・・永年無料
年間利用額50万円以上・・・翌年以降永年無料
上記以外・・・5000円(税込)

家族カード

残念ながら家族カードは発行できませんが、エポスファミリーゴールドという制度があります。

エポスファミリーゴールドはプラチナ・ゴールド会員の家族から紹介からの紹介で、家族も年会費永年無料でエポスゴールドカードに入会できる制度です。(紹介者の二親等以内で18歳以上(高校生を除く))

エポスファミリーゴールドの場合、ファミリーボーナスポイントをもらえます。

家族合計年間利用金額 全員がゴールド会員 1名以上がプラチナ会員
100万円以上 1000ポイント 2000ポイント
200万円以上 2000ポイント 4000ポイント
300万円以上 3000ポイント 6000ポイント

ETCカード

ETCカードは無料で利用でき、ポイントも付与されます。

還元率0.5%

「エポス ゴールド カード」はカード利用額200円(税込)につき1 エポスポイントが付与されます。

1 エポスポイント=1円相当なので、還元率は0.5%になります。

ただ、ポイントアップさせることはできます。

マルイ、モディ、マルイウェブチャネルでは、ポイントがアップします。

たまるマーケット」の利用でポイントをアップさせることができます。

リボ・分割払い(3回以上)でポイントが2倍になります。(ただし手数料には気を付けましょう)

旅行保険

「エポス ゴールド カード」には、海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1000万円
傷害治療費用 300万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 300万円(1疾病の限度額)
賠償責任 2000万円(1事故の限度額)(免責なし)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額(免責3000円))

保険の対象者は「エポス ゴールド カード」会員本人のみで、家族は対象となりません。

「エポス ゴールド カード」には、国内旅行傷害保険は付帯しません。

セキュリティ機能

・ICカードなので偽造困難
・紛失・盗難時の全額補償
・カードの利用通知サービス
・不正使用検知システム
・インターネット通販用の別のカード番号を発行可能
・ネットログイン通知機能
・電話・メールで相談
・店舗のカードセンターでの相談

カードの悪用・詐欺への対策も万全です。

特典いろいろ

ボーナスポイント

「エポス ゴールド カード」は、カード利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間利用額:50万円(税抜) ボーナスポイント:2500ポイント
年間利用額:100万円(税抜) ボーナスポイント:10000ポイント

対象期間:
初年度の対象期間はゴールドカード申し込み受付日~翌年当月末日
以降毎年1年間が対象期間

このボーナスポイントをもらえることにより、年間利用額100万円(税抜)を超えたあたりだと、還元率が+1%になります。(→合計で考えると1.5%還元率に近く)

選べるポイントアップショップ

「エポス ゴールド カード」には”選べるポイントアップショップ”という制度があります。

対象ショップの中からよく利用するショップを登録するだけで、カード利用時のポイントが最大3倍=1.5%になるサービスです。(選べるショップは最大3つまで)

※ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間は変更できません。

→公式サイトで対象ショップを確認

登録人気ランキング:
①東京電力
②ユニクロ
③JR東日本

この中で、管理人的おすすすめは

モバイルSuica(モバイルスイカ)

です。

「エポス ゴールド カード」はビューカードではないため、AndoridのモバイルSuicaは年会費がかかりますが、Apple Pay・Google PayのモバイルSuicaであれば年会費無料で利用できます。

それが”選べるポイントアップショップ”にモバイルスイカを登録すれば1.5%で利用できます。ビューカードに負けません。

ラウンジも利用可能

国内外の空港ラウンジが無料で利用できます。

羽田空港、成田国際空港、新千歳空港、函館空港、仙台国際空港、小松空港、中部国際空港、大阪国際(伊丹)空港、関西国際空港、神戸空港、広島空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港、ホノルル空港、仁川空港、ホノルルラウンジ

→(公式サイト)国内空港ラウンジサービス
→(公式サイト)海外空港・トラベルラウンジサービス

空港ラウンジだけでなく、ハワイのホノルルラウンジも利用できますよ。

「マルコとマルオの7日間」で年4回10%オフ

「エポス ゴールド カード」を持っていれば「マルコとマルオの7日間」も利用できます。年に4回、10%オフになります。

エポトクプラザで優待がいろいろある

・全国の提携の居酒屋やカフェで割引やワンドリンクサービスなどの特典があります。
・遊園地や水族館でも割引があります。
・カラオケで割引があります。
・美容院やネイルで割引が受けられます。
・日帰り温泉やスパで割引があります。
・映画館でも割引があります。
・舞台やチケットも割引や優待があります。
・レンタカーやカーシェアで割引が受けられます。
・旅行やホテルでも優待があります。

→(公式サイト)エポトクプラザ

たまるマーケットでポイントアップ

Amazon(アマゾン) ポイント2倍
楽天市場 ポイント2倍
Yahoo!ショッピング ポイント2倍
Amazonファッション ポイント6倍
ベルメゾンネット ポイント2倍

その他にも400ショップ以上あります。→たまるマーケット

押しP(ポイント)はココ!

「エポス ゴールド カード」の特典・メリットはたくさんあります。が、管理人的押しP(ポイント)はココです!

”選べるポイントアップショップ”でポイント3倍

”選べるポイントアップショップ”には、モバイルSuica(モバイルスイカ)があります。1.5%還元でモバイルSuicaが利用できます。ボーナスポイントもあるので、カード利用額によっては還元率はもう少しアップします。

Suica定期券外の人にとって、1.5%還元+αでモバイルSuicaが利用できる点は魅力的ではないですか?ということでココです。

エポス ポイントの使い道

「エポス ゴールド カード」を利用して貯まるポイントはエポスポイントになります。

エポスポイントの使い道はいろいろあります。

①マルイの店舗や通販(ショッピングサイト「マルイウェブチャネル」)での精算時に、
1ポイント=1円換算で割引に利用できます。
②「エポスVisaプリペイドカード」へ1ポイント=1円換算でチャージできます。
③他社ポイント・マイルへ移行できます。
④支払分のうち、ネット通販利用分の請求の割引に1ポイント=1円換算で利用できます。
⑤商品券やギフトカード、クーポンなどに交換できます。
⑥グッズに交換することも可能です。
⑦寄付することもできます。

③⑤の主なポイント交換先:

マルイの商品券 1000ポイント→1000円
VJAギフトカード 1000ポイント→1000円
クオ・カード 1000ポイント→1000円
Amazonギフト券 1ポイント→1円
ANAマイル 1000ポイント→500マイル(ゴールド・プラチナ会員:1000ポイント→600マイル)
ANAスカイコイン 1000ポイント→1000コイン
JALマイル 1000ポイント→500マイル
スターバックスカード(チャージ) 500ポイント→500円
ノジマ 500ポイント→500ポイント
dポイント 1000ポイント→1000ポイント
WALLETポイント 1000ポイント→1000ポイント

その他、グッズなど交換先はいろいろあります。→公式サイト

「エポス ゴールド カード」はこんなクレジットカードです

国際ブランド VISA
カード発行会社 ㈱エポスカード
年会費 インビテーション・・・永年無料
プラチナ・ゴールド会員の家族から紹介・・・永年無料
年間利用額50万円以上・・・翌年以降永年無料
上記以外・・・5000円(税込)
締め日・引き落とし日(口座振替の場合) 27日締め(翌月6日確定日)/翌月27日払い
4日締め(11日確定日)/翌月4日払い
貯まるポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%~
ポイントの有効期限 無期限
家族カード  なし(エポスファミリーゴールド制度あり)
ETC 無料
海外旅行保険 最高1000万円(自動付帯)
国内旅行保険

まとめ

モバイルSuica・Edyへのチャージなら「エポス ゴールド カード」はおすすめです。

0.5%還元率ですが、”選べるポイントアップショップ”があり、3つまでならポイント3倍=1.5%還元率です。対象にはモバイルSuicaやJR東日本もあります。

ボーナスポイントも付与されるので、還元率はさらにUP。

入会方法によっては永年無料でゴールドカードが持てます。

「エポス ゴールド カード」は実におすすめのクレジットカードですよ。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク