「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaのチャージ~使い方まで<まとめ>

Google Pay(グーグルペイ)でSuicaが利用できるけど、使い方は?

「Google Pay(グーグルペイ)」は、 6つの電子マネー(Suica、nanaco、Edy、waon、QUICPay(クイックペイ)、iD)と、様々なポイントカード、ギフトカードを登録し、利用できる、まとめアプリです。

最近は「Google Pay(グーグルペイ)」に絡んだキャンペーンも実施されています。2019年10月1日から、Suica・モバイルSuicaを鉄道で利用すると、JRE POINTも貯まるようになります!

今回は「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaのチャージ~使い方、定期等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


「Google Pay(グーグルペイ)」の使い方・まずは準備

まずはGoogle Playから「Google Pay(グーグルペイ)」のアプリをインストールします。

インストールしたら
→支払い
→お支払い方法
→電子マネー、クレジットカード等を追加していきます。

「Google Pay(グーグルペイ)」の対応端末

Android端末で「Google Pay(グーグルペイ)」を利用する場合、おサイフケータイに対応している必要があります。

Android4.4以上、QUICPay(クイックペイ)のみ5.0以上

「Google Pay(グーグルペイ)」にモバイルSuica登録

「Google Pay(グーグルペイ)」にモバイルSuicaを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③電子マネーをタップ
④Suicaを選択し、規約・特約に同意のうえ同意するをタップ
⑤新規会員登録(メールアドレス・パスワード等を登録)
OKをタップするとSuicaが発行
→Suicaが発行されたら、希望の金額を「チャージ」して利用

⑤でSuicaアカウントが作成されています。メールアドレス・パスワードを忘れないようにしましょう。
※JRE POINTサイトへモバイルSuicaで登録する場合等、必要になります。

「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaにチャージする方法

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaにチャージする方法は、Google アカウントに登録したクレジットカードからになります。

「Google アカウント」にできるクレジットカードは多くあります。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB

ポイントが付与されるかどうかは、登録したクレジットカードによります

1円単位でチャージできます。上限は20000円。

モバイルSuicaアプリと同様に深夜帯(2:00~4:00)のチャージ利用はできないです。

また、「Google Pay(グーグルペイ)」からモバイルSuicaを始めると、モバイルSuicaの年会費は無料です!

「Google Pay(グーグルペイ)」とモバイルSuicaアプリの違い

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaで出来ることは限られています。モバイルSuicaアプリと比較してみます。

  Google PayのモバイルSuica モバイルSuicaアプリ
入金(チャージ)(Google アカウントに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)(モバイルSuicaに登録したクレジットカード)
入金(チャージ)(コンビニ、チャージ機等での現金によるチャージ)
銀行チャージ
電車での利用
お買いものでの利用
SF(電子マネー)の残額表示
SF(電子マネー)の利用履歴表示
定期券の購入(※)
Suicaグリーン券の購入
タッチでGo!新幹線(東北・上越・北陸新幹線の一部区間の自由席)
モバイルSuica特急券(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)
エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線)
JRE POINT・Suicaポケットの受取り
ネット決済
再発行
チャージ払いもどし・退会

●のサービスを利用するにはモバイルSuicaアプリへのクレジットカードの登録が必要です。
(年会費要。ただしビューカードでの登録は当面の間無料)

※モバイルSuicaアプリで定期券を使用している場合、Google Payからも継続購入が可能

モバイルSuicaアプリと違って、JRE POINT・Suicaポケットの受取りができない等、できることはかなり限られています。

一番大きく違う点はクレジットカードでのチャージです。

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaへクレジットカードでチャージする場合は、「Google アカウントに登録したクレジットカード」からになります。モバイルSuicaアプリに登録したクレジットカードではありません。

「Google Pay(グーグルペイ)」とモバイルSuicaアプリは併用可能

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaはできることが限られていますが、心配する必要はありません。

モバイルSuicaアプリと併用できます。

オートチャージ不可・リマインダー機能で対応

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaでは、残念ながらオートチャージは利用できません。

が、Suicaの残高が一定額を下回ったときに通知を受け取ることができます。

「残高リマインダー通知」を使えば、それほど不便は感じません。

①Google Pay アプリを起動
②通知を受け取る電子マネーカード(Suica)をタップ
③カード詳細画面で残高リマインダー通知をタップ
④通知をトリガーする残高を選択

「Google Pay(グーグルペイ)」の利用方法

お店での支払い

①電子マネーに対応した非接触型リーダーがあるレジへ
②レジの担当者に、「Suica(スイカ)で」と伝える
③スマホをリーダーにかざして支払い
④支払いが正常に完了すると、画面が光って通知音

ロック解除したり、スリープ解除したり、アプリを起動したりする必要がありません!かんたんです。

「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaが使える店

「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaは、「Suicaが使えるお店」で利用できます。

コンビニはじめ、いろいろなショップで使えます。

→(公式サイト)Suicaが使えるお店

定期は使える?

結論からいうと、できません。

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaとモバイルSuicaアプリの違いとして、定期券に関しては、モバイルSuicaアプリありきです。

「モバイルSuicaアプリで定期券を使用している場合、Google Payからも継続購入が可能」

「Google Pay(グーグルペイ)」側からできる定期券関係はこれのみ。「Google Pay(グーグルペイ)」だけでSuicaの定期券利用は、現段階では不可能です。

iPhone(Apple Pay)との違い

iPhone(アイフォン)ではApple Pay(アップルペイ)やSuicaアプリを利用して、モバイルSuicaが利用できます。

しかもiPhone(アイフォン)のモバイルSuicaは年会費無料。

そして、なんといってもGoogle Pay(グーグルペイ)とiPhone(アイフォン)で一番違う点は、Suica定期券が利用できるかどうかということ!

iPhoneであれAndroidであれ、SuicaアプリだとSuica定期券が利用できますが、年会費の点で差が付いてしまいます。

iPhone(アイフォン)端末: Suicaアプリ=年会費無料
Android端末: Suicaアプリ=ビューカード以外年会費必要
Android端末: Google Pay(グーグルペイ)=年会費無料

スマホで年会費無料でSuica定期券を利用したい場合は、現時点では
・iPhone(アイフォン)
・Androidの場合、ビューカードを持つ
これしかありません。

ただし、※2020年2月26日(予定)以降は、クレジットカードにかかわらずモバイルSuicaの年会費は無料になる予定です。

機種変更は?

Google Pay(グーグルペイ)の場合、機種変更はそれぞれの電子マネーについて行う必要があります。

Suicaの場合、Suicaを新しい端末に移行するには、Google Payアプリの操作では行えません。モバイルSuicaアプリが必要です。

(1)モバイルSuicaアプリをダウンロードする
(2)旧端末のSuica情報をサーバに退避する
(3)サーバに退避したSuica情報を新端末で受入れる

<(2)旧端末でやること>
①モバイルSuicaアプリを起動
②トップページでその他タブを選択し会員メニューをタップ
(3)Suicaパスワード入力によりログイン
(4)携帯情報端末の機種変更をタップ
(5)機種変更するをタップ
⇒これでSuicaはサーバ退避

<(3)新端末でやること>
(1)モバイルSuicaアプリを入手(ダウンロード)し起動
(2)画面上部再発行・機種変更の方はこちらをタップ
(3)旧端末で使用していた会員登録メールアドレスとSuicaパスワードを入力しログインをタップ
(4)確認画面で初期設定をするをタップ
(5)携帯電話機種変更画面で実行するをタップ
※エクスプレス予約連携サービスを利用の場合は、エクスプレス予約連携サービスの再設定

※Suica情報を受入れる前に、新端末にSuicaを設定してしまうと、旧端末のSuica情報を受入れることができなくなります!

「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaはどんな人に向いているか

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaは、どんな人に向いているのでしょうか。

・普段PASMOなどを使っていて、Suicaが必要なく、ビューカードを持っていない人
・普段は車を使っていて、たまに電車に乗るためにSuicaが欲しい人

こんな人が想定されます。

おすすめのクレジットカードは?

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaを年会費無料で使いたい場合のおすすめのクレジットカードは以下になります。(ビューカード以外ということになります。)

「エポス ゴールド カード」
押しP(ポイント)は!
”選べるポイントアップショップ”でポイント3倍”
=モバイルSuica(モバイルスイカ)があります。1.5%還元でモバイルSuicaが利用できます。ボーナスポイントもあるので、カード利用額によっては還元率はもう少しアップします。(年会費無料で持つことも不可能ではありません)

「エポス ゴールド カード」について詳しくは下記の記事で紹介しています。

ほかにも、電子マネーに強いリクルートカード(年会費無料・1.2%還元率・月3万円の上限あり)などがあります。

まとめ

「Google Pay(グーグルペイ)」Suicaは、Android端末&ビューカードを持っていない人にとって、年会費無料でモバイルSuicaが持てる念願のツールです。

チャージするためのクレジットカードもそれほど縛りはありません。Google アカウントに登録さえできればOK。(ポイント付与はクレジットカードによります)

Suicaはコンビニ等いろいろなところで使えるので、年会費無料の「Google Pay(グーグルペイ)」Suica、いいですよ。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク