「Google Pay(グーグルペイ)」もう理解していますか?★使い方まとめ★

最近「Google Pay(グーグルペイ)」ってよく聞くようになったけど何?

「Google Pay(グーグルペイ)」はAndroid端末で利用できる電子マネー決済等のまとめアプリです。

iPhone(アイフォン)でいうところのApple Payのようなイメージです。(違いはありますが。)

Apple Pay同様、日本独自の仕様になっています。

最近は「Google Pay(グーグルペイ)」に絡んだキャンペーンも実施されています。

今回は「Google Pay(グーグルペイ)」の使い方を中心に、メリット・デメリット等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


目次

「Google Pay(グーグルペイ)」の使い方・まずは準備

まずはGoogle Playから「Google Pay(グーグルペイ)」のアプリをインストールします。

インストールしたら
→支払い
→お支払い方法
→電子マネー、クレジットカード等を追加していきます。

「Google Pay(グーグルペイ)」の対応端末

Android端末で「Google Pay(グーグルペイ)」を利用する場合、おサイフケータイに対応している必要があります。

Android4.4以上、QUICPay(クイックペイ)のみ5.0以上

「Google Pay(グーグルペイ)」の特徴

「Google Pay(グーグルペイ)」は、 6つの電子マネー(Suica、nanaco、Edy、waon、QUICPay(クイックペイ)、iD)と、様々なポイントカード、ギフトカードを登録し、利用できる、まとめアプリです。

基本的にはおサイフケータイで利用できるものがほとんどで、「Google Pay(グーグルペイ)」が登場しても今更感ありありだったのですが、Suicaが登場したことにより、モバイルSuicaが年会費無料で使える入り口となり、ようやく使う人が出始めたという感じです。

(管理人もその1人です・・・)

「Google Pay(グーグルペイ)」のSuica

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」にモバイルSuicaを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③電子マネーをタップ
④Suicaを選択し、規約・特約に同意のうえ同意するをタップ
⑤新規会員登録(メールアドレス・パスワード等を登録)
OKをタップするとSuicaが発行
→Suicaが発行されたら、希望の金額を「チャージ」して利用

⑤でSuicaアカウントが作成されています。メールアドレス・パスワードを忘れないようにしましょう。
※JRE POINTサイトへモバイルSuicaで登録する場合等、必要になります。

「Google Pay(グーグルペイ)」でチャージは注意点あり

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaで出来ることは限られています。

・入金(チャージ)(Google アカウントに登録したクレジットカード)
・入金(チャージ)(コンビニ、チャージ機等での現金によるチャージ)
・電車での利用
・買いものでの利用
・SF(電子マネー)の残額表示
・SF(電子マネー)の利用履歴表示
・定期券の購入(モバイルSuicaアプリで定期券を使用している場合、Google Payからも継続購入が可能)
・タッチでGo!新幹線(東北・上越・北陸新幹線の一部区間の自由席

モバイルSuicaアプリと違って、JRE POINT・Suicaポケットの受取りができない等、できることはかなり限られています。

また、大きく違う点はクレジットカードでのチャージです。

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaへクレジットカードでチャージする場合は、「Google アカウントに登録したクレジットカード」からになります。モバイルSuicaアプリに登録したクレジットカードではありません。

ただ、「Google アカウント」にできるクレジットカードは多くあります。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB

1円単位でチャージできます。上限は20000円。

モバイルSuicaアプリと同様に深夜帯の利用はできません。

また、「Google Pay(グーグルペイ)」からモバイルSuicaを始めると、モバイルSuicaの年会費は無料です。

「Google Pay(グーグルペイ)」とモバイルSuicaアプリは併用可能

「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaはできることが限られていますが、心配する必要はありません。

モバイルSuicaアプリと併用できます。

「Google Pay(グーグルペイ)」のSuicaについては、下記の記事でも紹介しています。

「Google Pay(グーグルペイ)」のnanaco

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」にnanacoを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③電子マネーをタップ
④nanacoを選択し、必要事項を入力

「Google Pay(グーグルペイ)」のnanacoで出来ることは限られています。

・入会
・残高確認
・取引履歴の確認

クレジットカードでチャージができません。つまり、nanacoモバイルアプリがないと、ほとんど使えないということです。(現金で、セブンイレブンのレジ等でのチャージは可能です。)

「Google Pay(グーグルペイ)」とnanacoモバイルアプリは併用可能

「Google Pay(グーグルペイ)」のnanacoはできることが限られていますが、心配する必要はありません。nanacoモバイルアプリと併用できます。

というよりも、nanacoモバイルアプリがないとほとんど何もできません。

また、「Google Pay(グーグルペイ)」のnanaco番号と、nanacoモバイルアプリのnanaco番号は同じなので、メインはnanacoモバイルアプリ、「Google Pay(グーグルペイ)」では残高だけ確認するという感じの使用方法になってしまいます。

「Google Pay(グーグルペイ)」のEdy

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」にedyを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③電子マネーをタップ
④edyを選択し、必要事項を入力

「Google Pay(グーグルペイ)」のedyでは出来ないこともあります。Edyの受け取り(Edyギフト)はできません。

チャージできるクレジットカード

Edyへのチャージに使えるクレジットカードのブランドは、公式サイトによるとJCB、American Express、MasterCard、VISAです。

利用できるカードは以下です。

1回のチャージは1000円~25000円で、1000円単位でチャージできます。

「Google Pay(グーグルペイ)」と楽天Edyアプリは併用可能

「Google Pay(グーグルペイ)」のedyと、楽天Edyアプリは併用できます。

楽天Edyアプリから見える残高およびEdy番号と、「Google Pay(グーグルペイ)」から見えるものは同じになります。

スポンサーリンク

 


「Google Pay(グーグルペイ)」のWAON

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」にWAONを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③電子マネーをタップ
④WAONを選択し同意するをタップ
⑤WAONのパスワードを入力しアカウントを作成をタップ
⑥発行完了

「Google Pay(グーグルペイ)」のWAONで出来ることは限られています。

・新規発行
・残高・取引履歴照会(ポイントダウンロードに関する履歴は表示されません)
・クレジットチャージ(Googleアカウントに紐付くクレジットカード)
・現金チャージ
・センター預かりポイントの受け取り(WAONステーションからは可能)
・ポイントチャージ(WAONステーションからは可能)
・残高限度額変更(WAONステーションからは可能)

チャージできるクレジットカード

WAONへのチャージに使えるクレジットカードはイオンカードのみです。

イオン銀行発行の国際ブランド付(VISA/MasterCard/JCBのついているカード)のクレジットカードがGoogleアカウントに登録されている必要があります。(イオンJMBカード」の利用は出来ますが、「イオンデビットカード」の利用は出来ません。)

Googleアカウントに紐付くクレジットカードなら何でもOKというわけではありません。

1回のチャージ上限は25000円です。(最低1000円)

「Google Pay(グーグルペイ)」とモバイルWAONアプリは併用可能

「Google Pay(グーグルペイ)」のWAONと、モバイルWAONアプリは併用できます。

Google Payで表示される残高およびWAON番号は、モバイルWAONで表示されるものと同じです。同一のWAON(番号)にて、チャージ・支払を行います。

「Google Pay(グーグルペイ)」のQUICPay(クイックペイ)

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」のQUICPayに対応のクレジットカード/プリペイドカード/デビットカードを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③クレジット/デビット/プリペイドをタップ
④カードを追加

QUICPayはポストペイ型の電子マネーなので、事前にチャージは必要ありません。

「Google Pay(グーグルペイ)」のQUICPayは本人認証なしで支払いができるため、1回の利用上限額は以下のようになっています。

QUICPayマークのお店:2万円(税込)まで(楽天カードは29999円まで)
QUICPay+マークのお店:3万円(税込)まで

※プリペイドカード・デビットカードはQUICPay+マークのあるお店でのみ利用できます。

対応のクレジットカード/プリペイドカード/デビットカード

「Google Pay(グーグルペイ)」に登録してQUICPayとして利用できるカードは以下になります。

・JCB →対応カード一覧
・JACCSが発行する全てのVisa/MasterCard/JCBクレジットカード
・ゆめカード(ゆめかクレジット)・エクセルメンバーズカード
・楽天カードが発行する全てのVisa/MasterCard/JCBクレジットカード(AMEX不可)
・リクルートカード(JCBブランド)
・Kyash Visa カード
・LINE Pay カード
・じぶん銀行デビットカード

→公式サイト

「Google Pay(グーグルペイ)」のQUICPay(QUICPay+)で支払った場合、基本的にポイント付与/キャッシュバックの対象です。

「Google Pay(グーグルペイ)」のiD

まずは、「Google Pay(グーグルペイ)」のiDに対応のクレジットカード/プリペイドカード/デビットカードを登録します。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
支払いをタップ
お支払い方法をタップ
③クレジット/デビット/プリペイドをタップ
④カードを追加

iDはポストペイ型の電子マネーなので、事前にチャージは必要ありません。

対応のクレジットカード/プリペイドカード/デビットカード

「Google Pay(グーグルペイ)」に登録してiDとして利用できるカードは以下になります。

・ライフカードが発行するVisa/MasterCard/JCBクレジットカード
・SMBCデビットカード

→公式サイト

「Google Pay(グーグルペイ)」のiDで支払った場合、基本的にポイント付与/キャッシュバックの対象です。

「Google Pay(グーグルペイ)」の利用方法

お店での支払い

①電子マネーに対応した非接触型リーダーがあるレジへ
②レジの担当者に、利用するカードの種類を伝える
③スマホをリーダーにかざして支払い
※ロック解除したり、スリープ解除したり、アプリを起動したりする必要なし
④支払いが正常に完了すると、画面が光って通知音

アプリ内やWEBサイトでの支払い

①購入手続き時に 「Google Pay」 ボタンをタップ
②必要に応じて支払い方法を選択し、配送先情報を入力
③注文を確定

「Google Pay(グーグルペイ)」が使える店

「Google Pay(グーグルペイ)」は、各電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay(クイックペイ)、iD)が使えるお店で利用できます。

Web サイトやアプリの決済にも対応しています。

「Google Pay(グーグルペイ)」にはポイントカードも追加できる

「Google Pay(グーグルペイ)」にはポイントカードも登録できます。

(Google Payアプリをダウンロード)
使ってみるをタップ)
パスをタップ
ポイントプログラムをタップ
③ポイントカードを選択
④カードを追加

Tポイント、dポイント以外にも
楽天、ローソン、ニトリ、ファミリーマート、ヤマダ電機、イオン、マツモトキヨシ・・・等々、いろいろ登録できるようになっています。

「Google Pay(グーグルペイ)」のメリット

「Google Pay(グーグルペイ)」のメリットは

・モバイルSuicaの年会費がかからない
・電子マネーの残高が一目でわかる
・チャージ不要のQUICPay、iDも使える
・ロック解除したり、スリープ解除したり、アプリを起動したりしなくても支払いができる

このあたりがおすすめポイントになります。

「Google Pay(グーグルペイ)」のデメリット

「Google Pay(グーグルペイ)」のデメリットは

・チャージ等、「Google Pay(グーグルペイ)」のみで出来ないものがある
・機種変更時にはそれぞれに手続きが必要(一発でできない)
・QUICPay+の利用が本人認証なしで可能なため、上限が3万円となっている

やりたいことが全て「Google Pay(グーグルペイ)」だけで出来るわけではないので、その辺は面倒です。

「Google Pay(グーグルペイ)」の管理人的口コミ

管理人はAndroid端末であるにもかかわらず、Suica利用が必須な環境ではないため、敢えてモバイルSuicaを登録していませんでした。

しかし!

年会費が無料でモバイルSuicaが利用できるとあって、早速登録。

頻繁にSuicaを利用するわけではないので、お手軽です。

「エポス ゴールド カード」の選べるポイントアップショップにモバイルSuicaがあるため、「Google Pay(グーグルペイ)」のモバイルSuicaも対応していました。

あと、nanacoへのクレジットチャージは出来てほしかったなあ。

「Google Pay(グーグルペイ)」のまとめ

「Google Pay(グーグルペイ)」はAndroid端末で利用できる電子マネー決済等のまとめアプリです。

「モバイルSuicaの年会費がかからない」

これだけでも利用価値がある人はいるでしょう。

ロック解除したり、スリープ解除したり、アプリを起動したりしなくても支払いができる点も便利です。

一元管理のまとめアプリとして、おもしろい存在です。

使い方次第で、とても便利になりますよ。

「Google Pay(グーグルペイ)」のクレジットカードについては下記に記事でまとめています。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク