電子マネー、今も使っていますか?おすすめの理由は!

スマホ決済が優勢な昨今、それでも電子マネーは捨てがたい存在です。

電車は圧倒的に交通系電子マネーがお得で便利です。

スーパーなら、イオン系はWAONで決まり!

自分の生活にあった、スマホ決済や電子マネーを使いましょう。

1.電子マネーはレジで待ちません

pay1

電子マネーは“シャリ~ン”で支払い終了。
お釣りの受け渡しもないし、クレジットカードのように決済の通信に時間がかかることもないので、すばやく行動できます。

2.ポイントが貯まります!マイルも!

電子マネーで支払いをするとほとんどの場合ポイントが貯まります。
現金支払いよりもお得!

そもそも電子マネーってなに?

電子マネーとは、現金の代わりに支払いできる電子決済サービスのことです。

どんな種類の電子マネーがあるの?

電子マネーには、カードやアプリ(おサイフケータイ)に事前にお金を補充(チャージ)するプリペイド(前払い)式と、チャージの必要がないポストペイ(後払い)式があります。

hikaku1

プリペイド式 

楽天Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)などがあります。

使う場合は、事前にお金をチャージしておく必要があり、現金、クレジットカード、銀行口座からチャージできます。

ポストペイ式

あまり聞いたことがないかもしれませんが、iD(アイディー)、QUICPay(クイックペイ)などがあります。

使う前にチャージしておく必要がないので、手軽に利用できます。

カードとアプリ(おサイフケータイ)

どんな形のものがあるかというと、カードタイプ・ストラップタイプなどのものと、携帯・スマホにアプリをインストールして利用するおサイフケータイがあります。 

カードタイプ・ストラップタイプ

例えば楽天Edy(エディ)。

カード形式の「Edy-楽天ポイントカード」の他、ストラップタイプ、リストバンドタイプのものもあります。

 

おサイフケータイ(Android端末)

Androidスマートフォンであれば、アプリをインストールして「おサイフケータイ」として利用できます。

emonandroid

iPhoneならApple PayでQUICPay(クイックペイ)かiD(アイディー)

iPhoneなら、クレジットカードを登録してApple PayでQUICPay(クイックペイ)やiD(アイディー)で利用することができます。

euse1eselect1

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする